> > 三菱重工 -25℃で使用可能な業務用CO2ヒートポンプ給湯機を開発

三菱重工 -25℃で使用可能な業務用CO2ヒートポンプ給湯機を開発

記事を保存

三菱重工業は、世界で初めて、外気温-25℃の極寒地域までの使用を可能とした業務用CO2ヒートポンプ給湯機「キュートン」(型式ESA30)を開発したと発表した。

本製品は、ヒートポンプの心臓部である圧縮機に、2種類の圧縮機を組み合わせた2段圧縮機を採用。春・秋(中間期)の温度条件で、30kW機として業界トップのエネルギー消費効率COP4.3を達成するとともに、外気温-7℃まで加熱能力を維持し、-25℃の極寒条件においても90℃の炊き上げを実現した。従来のヒートポンプ給湯機は、低外気温条件下で加熱能力やCOPが大幅に低下するため、寒冷地での導入には制約があった。同社は、本製品を主力製品のひとつに位置づけ、ファミリーレストランやスーパーマーケット、介護保険施設、ホテルなどを中心に拡販を図っていく考えだ。

今回の発売では、-25℃までの極寒地で使える「キュートン25」とともに、比較的温暖な地域に向けたモデル「キュートン5」をラインナップする予定。容量としては16台までの連結設置・制御が可能で、給湯量が最大120トン/日(60℃換算)の大型施設にも対応できる。また、配管保温や浴場保温などの給湯循環施設にも対応できる高温入水63℃での運転も可能。

本製品は、高圧力比での効率が高いスクロール圧縮機と、低圧力比での効率が高いロータリー圧縮機を組み合わせた2段圧縮方式の採用により、すべての運転条件での高効率化や差圧低減による性能向上を図った。また、中間圧においても、冷媒循環量を増加させ、低外気温でも必要な能力確保するために、ガスインジェクション機構を導入した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.