> > ミサワホーム 業界初、ライフサイクルCO2マイナス住宅を商品化

ミサワホーム 業界初、ライフサイクルCO2マイナス住宅を商品化

記事を保存

ミサワホームは、ライフサイクルCO2マイナスを実現する木質系戸建住宅GENIUS「LCCO2マイナスモデル」を、1月7日から北海道・沖縄県を除く全国で発売する。

同住宅は、昨年11月に完成したコンセプト住宅「ECOFlagshipModel(エコフラッグシップモデル)」の量産タイプで、ライフサイクルCO2マイナスを実現する住まいの商品化は業界初。カスケードソーラーシステムや付加断熱システムなどの最新の環境技術を標準装備し、創エネ・省エネ技術などにより、年間のエネルギー自給率147%を達成しているのが特長。132.90m2(40坪)、141.18m2(43坪)、145.54m2(44坪)の3プランがあり、参考価格は43坪タイプで1坪あたり税込94.3万円~。

「ECOFlagshipModel」は、最新の環境技術のほか、伝統的な日本家屋の知恵や工夫などを建物全体に採り入れることでライフサイクルCO2マイナスを実現している。GENIUS「LCCO2マイナスモデル」は、このコンセプトを受け継いだモデル。カスケードソーラーシステム(太陽光発電+太陽熱利用)、付加断熱システムおよび基礎断熱、電動ブラインドシャッター(東西面)および樹脂ウッドサッシ(アルゴンガス入り高断熱Low-Eペアガラス)、エネルギーモニターシステムおよび電気自動車・プラグインハイブリッド車充電用外部コンセントを標準装備しているほか、ヒートポンプ式輻射パネルルーバー冷暖房システムをオプションとして設定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.