> > 日立プラントテクノロジー 太陽熱を活用した省エネ空調システムを開発

日立プラントテクノロジー 太陽熱を活用した省エネ空調システムを開発

記事を保存

日立プラントテクノロジーは、独自の太陽光集熱器を採用した空調システム「太陽光熱利用空調システム」を開発した。

同システムは、太陽光集熱器から取り出した熱エネルギーで直接冷凍機を駆動させて、空調用の冷水を供給するのが特長。これにより、化石燃料とCO2排出量の削減が可能になる。今後、主に地中海沿岸、北アメリカ大陸中部、西アジア地域、北アフリカ地域やオーストラリアなどの日照量の多い地域を中心として、ビルや工場、地域冷房向けに積極的に拡販し、2015年度には売上高50億円を目指す。

同社は、太陽光を動力源や熱源としてプラント向けに利用してきた豊富な実績と、長年培ってきた空調システムのノウハウを組み合わせて、太陽光熱利用空調システムを開発した。同システムのポイントとなる高効率のパラボラトラフ式太陽光集熱器は、今回新たに独自開発したもの。同集熱器は、シンプルで操作しやすい構造にするとともに、シミュレーション技術を用いて、風などの影響による焦点のズレを抑制する構造にするなど、集熱効率を高めているのが特長だ。

同社では、太陽光集熱器を含めたトータルシステムとしての提供に加えて、空調システムの省エネルギー技術や水処理技術を組み合わせた提案を行う。また、空調システム以外の応用展開も可能なことから、今後、さまざまな熱源として適用拡大を図っていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.