> > 三井造船 マレーシアでヤシの実殻を使ったバイオ燃料を製造

三井造船 マレーシアでヤシの実殻を使ったバイオ燃料を製造

記事を保存

三井造船は、マレーシアにおいて、パーム油の製造工程で排出されるヤシの実殻(EmptyFruitBunch:EFB)を原料にバイオエタノールを製造する実証事業を開始すると発表した。

同社は、同国パーム油製造最大手のサイムダービー社(SD社)と、三井物産のプレ・マーケティング協力を得て、2008年から事業開発に取り組んできた。本事業では、EFBを原料にバイオ燃料を製造する世界初のデモンストレーションプラントの建設・運転・技術実証について、SD社の研究開発部門を担当するサイムダービー・リサーチ社(SDR社)と7月に合意している。SD社テナマラン搾油工場に隣接するデモンストレーションプラントが間もなく完成し、2011年2月より1日1.25tのEFBを原料にエタノールの生産を開始する予定だ。プラントで得られたデータに基づき、三井造船とSD社は、商業化プラントの早期稼働を目指す。

同社は、これまでNEDOの共同研究などを通じて、食糧と競合しない植物を原料とする第2世代バイオエタノール製造技術の開発を進めてきた。2010年2月にはデンマークのInbicon社と、ソフトセルロース系バイオマスの水熱法前処理技術に関して技術提携(ライセンス契約)した。デモンストレーションプラントには、Inbicon社技術と同社独自の技術を適用する。Inbicon社は第2世代バイオエタノール製造プラントとしては世界最大規模のパイロットプラントを2009年11月に完工し稼働させている。

マレーシア、インドネシアは、世界のパーム油の約9割を生産し、搾油工場で排出されるEFBは年間4000万tになる。マレーシアでは、伊藤忠商事も合弁会社を設立し、EFBを使った固形バイオ燃料の生産に乗り出している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.