> > 清水建設 従来の1/3のコストで、低濃度汚染土壌をオンサイト洗浄

清水建設 従来の1/3のコストで、低濃度汚染土壌をオンサイト洗浄

記事を保存

清水建設は、自然由来の低濃度汚染土壌を従来の約1/3のコストでオンサイト(現位置)洗浄できる技術「SLRシステム(ShimizuLandRefreshSystem)」を開発したと発表した。同システムは、濃縮残渣の発生率を5%程度に抑えて、汚染土壌の95%を良質土として再利用できるのが特長。また、濃縮残渣の発生率を低下させる洗浄技術により、例えば10万tの汚染土壌をオンサイト処理するケースで、処理コストが従来の1/3の3000~5000円/tに抑えることが可能。今後は、年間50億円超の土壌浄化工事の受注を目指す。

今年4月に施行された改正土壌汚染対策法では、人為的な汚染土壌に加え、「自然由来の汚染土壌」についても法に基づく適正な措置が義務付けられた。自然由来の汚染土壌とは、自然由来のヒ素やフッ素、鉛、ホウ素など有害重金属の濃度が環境基準をわずかに超える土壌を指し、首都圏、中京、関西、北九州の臨海部を中心に全国に広く分布している。

一方、これまでは低濃度汚染土壌に特化した洗浄技術がなく、従来の洗浄技術により1tあたり9000~15000円のコストをかけて処理してきたため、大規模な工事などでは、自然由来の汚染土壌の浄化費用の負担が大きな課題となり、開発が遅延するケースもあった。

従来の洗浄技術が高コストになる要因は、洗浄過程で発生する汚染濃度の高い濃縮残渣が処理量全体の約30%に上り、それを場外処分するため。同社はそこに着目し、新しい洗浄技術の開発に取り組み、低コスト化に成功した。この方法により、特殊な薬剤による汚染物質の抽出分離と水洗いのプロセスを2回行うだけで、低濃度汚染土壌の含有量値と溶出量値を基準値以下に低下させることが可能となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.