> > 三菱重工 インドの国営肥料会社へCO2回収技術を供与

三菱重工 インドの国営肥料会社へCO2回収技術を供与

記事を保存

三菱重工業は、インドの国営肥料会社NationalFertilizersLimited(NFL)にCO2回収技術を供与すると発表した。NFLのヴィシャイプール(Vijaipur)尿素肥料工場において、尿素増産のため、三菱重工独自の化学プロセス(KM-CDR)を用いたCO2回収プラントを追加設置する。CO2回収能力は、世界最大級となる450t/日。

同社が供与するのは、特殊な吸収液(KS-1)を用いて、天然ガスを燃料とする尿素肥料製造の工程で放出される燃焼排ガスから純度99%のCO2を分離・回収し、アンモニアと合成することで、尿素増産の原料として利用する技術。排ガスからのCO2回収率は約90%で、環境保全や省エネにも寄与できるという。プラントは2012年6月の完成予定。取扱商社は三菱商事で、プラントの建設はインド国内のエンジニアリング会社が行う。

三菱重工のCO2回収技術は、関西電力と共同で開発したもので、エネルギー消費量が大幅に少なく、設置や保守・点検も容易で、運用コストを低減できるなどの特徴がある。これまでに、国内外向けに9件のプラント受注または技術供与を行った実績を有する。インド向けの案件は3件目となる。

CO2回収技術は、尿素肥料/メタノールなどの化学用途、火力発電所などから発生するCO2の回収・貯留(CCS)や、生産性が落ちた油層にCO2を圧入して生産増加をはかる原油増進回収(EOR)などに利用が可能で、地球温暖化対策やエネルギーの安定供給の観点から、今後、市場の拡大が期待されている。同社は、化学的利用をはじめ、CCS、EORの分野についてもCO2回収技術を積極的に展開していく方針を示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.