> > 川崎汽船 世界初、運航中の大型石炭船にバラスト水処理装置を搭載

川崎汽船 世界初、運航中の大型石炭船にバラスト水処理装置を搭載

記事を保存

川崎汽船は、運航中の大型石炭運搬船の機関室内を改造し、大型バラスト水処理装置を搭載する実験プロジェクトを実施すると発表した。

バラスト水処理装置はJFEエンジニアリング製で、処理能力3500m3/h。主に豪州より日本向けに石炭を輸送するばら積運搬船を実験船として改造する。改造工事はアイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(IHIMU)の国内工場で2011年5月に行う予定。就航中の大型バルクキャリアーに大型処理装置を改造して搭載し、運用する試みは、世界初となる。

本プロジェクトは、日本海事協会(NK)の「業界要望による共同研究」のスキームにより同協会の研究支援を受け、IHIMU、JFEエンジニアリング、エス・イー・エー創研(SEA創研)と共同で実施するもの。

外航船により運ばれるバラスト水は、今後、国際条約により排出基準が強化される見込み。特に大型船では、バラスト水処理装置搭載のための改造に際し、規模の大きさやスペースの制約などで多くの課題が生じることがが予測されている。本プロジェクトは、その技術的解決策の検討や装置の取り扱いノウハウの蓄積を目的としている。また、SEA創研は今回、実験的に、3次元レーザースキャナーにより本船機関室構造データをデジタル化して改造設計に利用する「リバースエンジニアリング」手法を取り入れる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.