> > 三菱レイヨン 中国で下排水処理膜の製造・販売を行う合弁会社を設立

三菱レイヨン 中国で下排水処理膜の製造・販売を行う合弁会社を設立

記事を保存

三菱レイヨンは、中国において、現地の環境エンジニアリング会社と下排水処理用中空糸膜の製造・販売および膜エレメント加工・販売を行う合弁会社を設立すると発表した。北京碧水源科技(オリジン社)と合弁会社設立を目的とする覚書を締結。出資比率は三菱レイヨンが51%、オリジン社が49%となる予定だ。

中国では、高度経済成長による工業化や都市への人口集中に伴い、河川などの汚染が深刻化し、下排水処理に対する需要が高まっている。同社は、拡大する同市場において、中空糸膜「ステラポアーSADF™」を使用した膜分離活性汚泥法(MembraneBioReactor:MBR)システムを柱に事業を行っている。オリジン社は、同社の中空糸膜の顧客エンジニアリング会社として実績があり、中国国内の大型MBR案件の受注力が圧倒的に高いことから、今回の提携を決定した。

三菱レイヨンは、オリジン社のMBR案件受注力と膜販売力を活用し、中国MBR市場でトップシェアの獲得を目指す。また、同市場において、現地生産によるコスト競争力と地産地消の優位性により、膜技術の提供だけでなく、水処理施設の維持・運営・管理システムなど、幅の広い水処理事業の展開を図る。今後、国外を中心に大型案件の受注獲得に力を入れていく考えだ。

「ステラポアーSADF™」は、、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)製中空糸精密ろ過膜(MF膜)で、高い透水性能、耐薬品性、強度、分離性などを備える。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.