> > 環境省 国内初、2MW級の浮体式洋上風力発電の実証事業を長崎県沖で実施

環境省 国内初、2MW級の浮体式洋上風力発電の実証事業を長崎県沖で実施

記事を保存

環境省は、洋上風力発電実証事業において、国内初となる2MW級の浮体式洋上風力発電実証機の設置候補海域として、長崎県五島市椛島周辺を選定したと発表した。

実証機の設置は平成25年度ごろとなる予定。それに先立ち、100kW程度以下の小規模試験機を設置して、環境影響や安全性の情報を収集し、2MW級実証機の製造などに活用する計画だ。今後、環境省は、気象・海象・環境影響調査、設計と実証機製造、実海域設置、実証運転開始、事業性などの評価をスケジュールに基づいて進め、平成28年度の浮体式洋上風量発電の実用化を目指す。

排他的経済水域が世界第6位の海洋国である日本では、洋上の風速が強く、その変動が少ないことから、洋上風力発電の実用化に対する期待が高まっている。洋上風力発電のうち、水深が浅い海域における「着床式」は、国内3ヵ所で運転が開始され、経済産業省により風況観測システムと風力発電システムの実証研究などが行われている。一方で、より深い海域に対応する「浮体式」は、世界でもノルウェーで2.3MWの実用機が建設されているのみとなっている。

そこで環境省では、2MW級の浮体式洋上風力発電実証機1機を外洋域に設置するために、今年度から実証事業を開始。受託者である京都大学が事務局となり、候補海域の選定や環境影響評価手法の検討、基本設計などを進めてきた。今回、長崎県五島市椛島周辺海域が実証実験に適した地理条件や風況を備え、周辺地域関係者の同意・賛同が得られたことから、候補海域として選定した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.