> > 工藤建設 業界初、日産のEV「リーフ」を標準装備したエコ住宅を販売

工藤建設 業界初、日産のEV「リーフ」を標準装備したエコ住宅を販売

記事を保存

工藤建設は、業界で初めて、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」を標準装備した建売住宅「EVハウス」を発売すると発表した。EVを利用することで、家庭からのCO2排出量の1/5を占めるといわれる、走行中のCO2排出をゼロにする。また、機密性と断熱性にすぐれた鉄筋コンクリート(RC)構造とともに、シャープ製太陽光発電システムと東京ガスの家庭用燃料電池「エネファーム」によるW発電を採用し、エコ住宅として拡販を図る。

「リーフ」は、日産自動車が12月20日に市場投入した5人乗りEV。1回の充電で、市街地モードで約200km以上の走行が可能。「EVハウス」では、全棟のカーポート横にEV用の充電スタンドを設置。充電スタンドのコンセントを利用すれば、約8時間でフル充電できる。太陽光発電とエネファームで作りだしたエコな電気をEVに使用できることも、環境意識の高い消費者への訴求ポイントとなっている。

「エネファーム」は、都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電するとともに、発電時の排熱でお湯を作るシステム。エネルギー利用率は70~80%と高効率で、家庭から排出されるCO2の削減効果も大きい。

今回、「EVハウス」を発売するのは、神奈川県横浜市の港北ニュータウン。販売戸数は5戸で、販売価格は未定。2011年3月の入居を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.