> > ホンダ ビジネス用途向け電動二輪車「EV-neo」のリース販売を開始

ホンダ ビジネス用途向け電動二輪車「EV-neo」のリース販売を開始

記事を保存

ホンダ 「EV-neo(イーブイ・ネオ)」ホンダは、重量物の運搬や配達業務などのビジネス用途向けに開発した電動二輪車「EV-neo(イーブイ・ネオ)」のリース販売を12月24日より開始する。

まず、来年3月にかけて複数の協力企業に車両約100台を納車し、走行データ収集などのモニタリングを行う。一般の企業や個人事業主に対するリース販売は、2011年4月から開始する予定。メーカー希望小売価格(税込)は、車両本体が45万4650円、オプション(別売)の普通充電器が3万9900円、急速充電器が11万9700円。新聞などの配達に便利なように積載性を高めた「EV-neoPRO」も販売する。国内で年間1000台の販売を目指す。

「EV-neo」は、インサイトの技術などを応用した自社製ブラシレスモーターと東芝製新型リチウムイオン電池(SCiB)を採用。走行時にCO2を一切排出しないクリーンさと電動ならではの静かさを備えた環境性能、荷物積載時でも力強い発進と登坂が可能な動力性能を実現させた。一回の充電あたりの走行距離は34km(30km/h定地走行テスト値)。新開発の専用急速充電器(200V電源使用)を利用すると約30分、格納して持ち運びできる普通充電器を利用すると約3.5時間でフル充電できる。また、車体は、配達などの業務での使い勝手を考慮した設計となっている。

今回、モニタリングを通じて取得した各種データは、10月より実施している10台の試作車によるテスト運用のデータとあわせ、今後の電動二輪車の開発に活用するという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.