> > 昭和シェル石油 岡山県に次世代型太陽電池を導入したSSを開設

昭和シェル石油 岡山県に次世代型太陽電池を導入したSSを開設

記事を保存

昭和シェル石油は、12月17日に、次世代型のサービスステーション(SS)「クリーンeco新屋敷」(岡山県岡山市)を開設する。同SSには、CIS薄膜太陽電池及び光透過型CIS薄膜太陽電池、電気自動車(EV)用の急速充電器が設置され、太陽光発電により、CO2排出量を削減すると同時に、自動車にはガソリンの供給、EVには電気の充填を行うことができる。

同SSでは、同社の100%子会社であるソーラーフロンティアが製造するCIS薄膜太陽電池約50枚を、セールスルームの屋根上に設置している。出力は約4kWで、発電された電力はSSで使用する電力の一部に利用される。将来的には、EV用急速充電器への電力の供給なども検討している。

また、同社厚木リサーチセンターで開発中の光透過型CIS薄膜太陽電池をEV用急速充電器の屋根上に設置して、発電性能などの実証実験を行うと同時に、今後の商品開発の方向性を模索する。光透過型のCIS薄膜太陽電池を発電用として設置するのは日本で初めてだという。

さらに、同SSには、貯水タンクを設置すると共に、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた自家発電設備が確保されており、災害時でも石油製品の供給を安定的に継続できるため、災害対応型SSとしての機能も果たす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.