> > JFEスチール 海外初、マリンブロックでインドネシアのサンゴ礁再生実験

JFEスチール 海外初、マリンブロックでインドネシアのサンゴ礁再生実験

記事を保存

JFEスチールマリンブロックへのサンゴ移植の様子(インドネシアにて)JFEスチールは、同社が開発した「マリンブロック®」が、インドネシアでのサンゴ礁再生の本格的な実証試験に採用されたと発表した。これまでの現地調査においてサンゴの生育が確認できたことを受け、鉄鋼スラグを用いたサンゴ礁再生の実証試験が海外で初めて行われることになる。

「マリンブロック®」は、鉄鋼製造工程で副産物として生じる鉄鋼スラグにCO2を吹き込み固化したもので、サンゴや貝殻と同じ主成分を含んでおり、海藻やサンゴ着生効果を持つ藻場・サンゴ礁造成用ブロック。同社は、1998年に世界で初めて「マリンブロック®」を開発。国内ではこれまでに実験中の場所を含め33ヵ所の設置実績がある。その中には「マリンブロック®」上でサンゴが幼生から直径約40cmまで成長した例もあり、サンゴ造成礁として優れた機能が実証されている。

海外では、2007年より東京海洋大学とインドネシアのサムラトランギ大学が共同で、インドネシア海域にてサンゴの生育環境の調査を主目的とした試験を行ってきた。この試験で、サンゴ幼生の着床および生育が確認できたことから、今回、東京海洋大学、いであ、サムラトランギ大学などと共同での本格的な実証試験が開始された。同試験は、経済産業省「平成22年度東アジア省エネルギー推進研究事業(東アジアにおける鉄鋼スラグ製品の有効利用による省エネルギー・環境基礎調査)」の一環で、その成果は「ERIA(東アジア・ASEAN経済研究センター)」にて報告される。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.