> > セラーテムテクノロジー 北京市初の電気自動車充電ステーションを受注

セラーテムテクノロジー 北京市初の電気自動車充電ステーションを受注

記事を保存

セラーテムテクノロジーは、中国において、連結子会社である北京誠信能環科技(北京誠信)が電気自動車(EV)向け充電ステーションを受注したと発表した。

今回受注したのは、北京市電力公司海淀供電公司(中国国家電網の100%傘下企業)が事業主として進める北京市初のEV向け充電ステーション「航天橋大型充電站」を建設するプロジェクト。北京市内西三環航天橋の高架下の敷地面積2156m2に建設される。バッテリー交換式を主とする充電ステーションで、1日あたり189台の充電能力を備える。同市初プロジェクトであることから、充電設備は国家電網公司が設備の仕入れを担当し、同社は設備以外のシステム及びインフラ部分の建設を担当する予定。契約金額は、入札パート1(ステーションの建設等)が約3500万円、入札パート2(充電設備以外のインフラ施設等)が約1億円。契約完了予定は、入札パート1が2011年2月末、入札パート2が2011年3月末。

北京市政府は、第12次五ヵ年計画で新エネルギー自動車を新産業として育成し、今後3年間で、北京地域の100ヵ所にEV向け充電ステーションを建設する方針を示している。中国では、政府によるEVなど新エネルギー車の普及策を受けて、関連事業市場の増大が見込まれている。当社グループは今回の受注を機に、さらなる受注に向けて営業活動に力を入れていく考えだ。

北京誠信は、省エネ事業、スマートグリッド事業の実績を活かし、8月に新規事業として、中国国内でのEV向け充電ステーションに関連する事業へ参入した。中国北京市でのEV向けステーションの受注は、セラーテムグループとしても初案件となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.