> > INAX 徳島県で、し尿や生活雑排水の処理システムの実験を実施

INAX 徳島県で、し尿や生活雑排水の処理システムの実験を実施

記事を保存

INAXは、トイレのし尿や生活雑排水を戸別処理し、再利用・再資源化する分散型システム「エコ・サニテーション」の研究開発を、徳島県勝浦郡上勝町と共同で実施する。同システムは、住居が分散する地域における新しい汚水処理施設として期待されている。2011年1月~2013年3月まで実証研究が行われ、汚水処理の整備・維持にかかる費用削減効果や省エネ効果などが評価される。

上勝町は、日本初の「ゼロ・ウェイスト宣言」を行い、廃棄物の排出をゼロにするという方針のもと、34品目の資源ごみ分別収集に取り組んでいる。また、今年度は、総務省「緑の分権改革」推進事業の受託で、再生可能エネルギーの実証調査も行っている。今回、家庭の生ごみや汲み取りトイレ・浄化槽から排出される汚泥などの資源化や、美しい河川など景観の維持を検討するなかで、INAXと協力するにいたった。

エコ・サニテーションは、自然の仕組みを活用し、し尿は発酵分解処理して減容、生活雑排水は土壌処理するシステム。し尿には病原性の細菌が含まれ、生活雑排水と一緒にすると汚染が拡散し、一般的に処理も難しいとされている。そこで、生活雑排水と分けて発酵分解処理することで、し尿の容量・重量を劇的に減らすことができ、運搬や回収も容易になる。また、キッチンや浴室から出る生活雑排水は、し尿と分けることにより、土壌が持つ処理能力を使って浄化が可能となる。

同システム導入により、汚泥処理のための施設の維持管理費用の削減が実現できる。また、生ゴミも同じシステムで減容し、堆肥として資源化することが可能だという。

なお、INAXは、上勝町に先立ち、ベトナムにおいて河川の汚染防止と不衛生な生活環境改善を目指し、し尿処理に焦点を絞った新興国向けエコ・サニテーションの実験も実施している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.