> > 岩崎電気 世界初の屋内外兼用100/200V共用LEDランプを発売

岩崎電気 世界初の屋内外兼用100/200V共用LEDランプを発売

記事を保存

岩崎電気は、今年9月20日に帝人と共同で発表した新素材「ラヒーマ®」を使用したLEDランプ「LEDアイランプ™」を12月20日より発売する。同商品は、世界初の屋内外兼用100/200V共用LEDランプ。口金を除き全て樹脂製にしたことで18Wクラス最軽量を実現したうえ、消費電力は従来の水銀の1/10程度、定格寿命40000時間を達成したのが特長。年間3万本の販売を目指す。希望小売価格は29800円(税別)。

口金を除く素材には、ラヒーマ®を混合したポリカーボネート樹脂を使用し、その高い放熱性能により、一般的に使用されるアルミ筐体に比べ大幅な軽量化を実現した。また、LEDが発する熱をラヒーマ®使用の本体へ効率良く伝達することで、LEDの定格寿命40000時間を達成した。

従来、LEDは直下の中心に明るさが集中するため光のムラが生じるなど、明るさ感が不安定だったが、同社の光の質にこだわった光制御技術で均整の取れた光の広がりを実現した。また、電球色タイプ1350lm(3000K相当・Ra70)と昼白色タイプ1400lm(5500K相当・Ra70)の2つのタイプがあり、屋外看板や作業灯にとどまらず、屋内・屋外の幅広い用途に活用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.