> > コニカミノルタセンシング 既成品として国内初の基準太陽電池セルを発売

コニカミノルタセンシング 既成品として国内初の基準太陽電池セルを発売

記事を保存

コニカミノルタセンシングは、基準太陽電池セルでは国内初の既成品となる、結晶シリコン型基準太陽電池セル「ReferencePVCellAK-200」を12月16日より発売すると発表した。標準価格(税別)は32万円。

基準太陽電池セルは、太陽電池の性能を評価するときに照射するソーラーシミュレータ(擬似太陽光)を、国際的な標準試験条件(STC)の基準太陽光と同等に設定するために用いられている。従来、基準太陽電池セルは、測定者自らが作成するか、専門業者にオーダーメイドで注文して作成する必要があった。また、その測定値を公式なデータとするためには、基準太陽電池セルが(独)産業技術総合研究所などの校正を受け、その受け入れレベルをクリアしなければならなかった。本製品の発売により、すぐに使用できる基準太陽電池セルの入手が可能となり、導入時間とコストの大幅低減を図ることができる。

太陽電池の性能評価は、ソーラーシミュレータの光を照射し、国際的な標準試験条件(STC)である「放射強度1kW/m2、モジュール温度25℃、AM1.5G」での特性(太陽電池の最大出力電力など)を測定する。その場合、ソーラーシミュレータの照射光をSTC条件の一つである基準太陽光と同等に設定するには、ISO17025認証取得機関で校正された基準太陽電池を用いる。

今回発売する基準太陽電池セルは、ソーラーシミュレータの光量調整に必要な機能がすべて揃っており、購入後すぐに使用できる。また、本製品は、世界でも数機関しかない「一次基準太陽電池セル」を校正できる、(独)産業技術総合研究所による校正が受けられる。同研究所で校正を受けることにより、トレーサビリティの保証された正式な「二次基準太陽電池セル」として使用が可能となる。さらに、温度測定センサーを内蔵しており、セルシステム社の温調ステージ(PVC-1000)に接続することで、標準試験条件の温度条件である25℃に保つことができる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.