> > 伊藤忠ベトナムで燃料用バイオエタノール生産事業に参画

伊藤忠ベトナムで燃料用バイオエタノール生産事業に参画

記事を保存

伊藤忠商事は、ベトナム国営石油・ガス総公社ペトロベトナムグループのペトロベトナムオイル社などと共同で、プロジェクト運営会社オリエントバイオフューエルズ社に出資し、ベトナム南部ビンフォック省における燃料用バイオエタノール生産事業に参画する。

現地で栽培が盛んなキャッサバを原料としたバイオエタノールの商業生産を2012年春より開始し、年産約10万kLの生産体制を目指す。また、オリエントバイオフューエルズ社で生産されるバイオエタノールは、ペトロベトナムオイル社が傘下のガソリンスタンドなどを通じて市場に販売される見込み。今回の事業は、ブラジル、フィリピンに続くバイオエタノール製造事業参画となる。

ペトロベトナムオイル社は、2010年8月より国内5都市でエタノール5%混合ガソリンの販売を開始。現在、商工省が燃料エタノール導入に関る法制度策定、同省傘下のペトロベトナムが具体的施策・案件を推進している。ベトナムは人口約8600万人と潜在需要が高く、国内産のガソリン代替燃料としてエタノール混合ガソリンの生産・供給の促進が期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.