> > 三菱商事などEVを用いたスマートグリッド関連システムの開発に着手

三菱商事などEVを用いたスマートグリッド関連システムの開発に着手

記事を保存

三菱商事、三菱自動車及び三菱電機は、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の共同研究事業に参画し、東京工業大学の指導を受けながら、電気自動車(EV)に搭載された蓄電池を有効活用するスマートグリッド関連システムの開発に着手することを発表した。同研究開発では、再生可能エネルギーやEVの大量導入に伴って発生すると予測される問題に対応し、NEDOの共同研究事業で掲げられた課題解決につなげる。具体的には、各家庭や工場等電力の需要側に蓄電池を設置することの有効性検証と、それに必要な制御技術等の開発を行う。今秋から着手し、当面の契約期間である2011年度末のNEDO共同研究事業中間評価までに一定の成果を得たい考えだ。

三菱商事、三菱自動車及び三菱電機の3社は、本年3月よりEVに搭載された蓄電池を有効活用するためのシステムと、必要な要素技術の研究開発に取り組んでいる。この取り組みの一環としてNEDOの共同研究事業「蓄電複合システム化技術開発」に応募をした結果、8月24日付にて採択され、共同研究契約を締結するに至った。蓄電複合システム化技術開発では、需要側のエネルギーマネジメントシステム(EMS)用蓄電池技術の開発、当該蓄電技術を用いたEMSの実証、国際展開をも視野に入れたシステム化としての評価技術、規格標準化等推進の3つの課題に取り組んでいる。

今回の研究開発では、三菱自動車の名古屋製作所に、太陽光発電システム、EVおよびEVから回収されたリユース蓄電池を設置し、太陽光による名古屋製作所への電力供給を行う。また、EVおよびリユース蓄電池に蓄えられた電力を必要に応じて充放電することで、名古屋製作所におけるエネルギー収支の最適化に寄与するEMSの開発、有効性の検証に取り組む。同時に、EVの蓄電池を電力源として使用するにあたり、EVとしての利用に支障がなく、かつ電力供給制御等に有効に活用できるよう、充放電可能量を適切に設定していく技術についても開発を行う予定だという。

なお、三菱商事は、様々なスマートグリッド形態(V2X)での蓄電池のユースケース等の検討、V2Xを実施する際に必要となる共通基盤モデルの検討、国際展開等を担当。三菱自動車は、同社製品であるEV「i-MiEV」を中心としたV2Xの検討、V2Xを実現するための車両側からの情報発信の検討、EVからの放電機能の開発、車両と機器を接続する際の規格検討等を担当。三菱電機は、工場や家庭におけるEMS及び汎用性の高いEV向け情報システムの開発を担当する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.