> > 三菱重工メカトロシステムズ 太陽光発電量を予測するシステムを開発

三菱重工メカトロシステムズ 太陽光発電量を予測するシステムを開発

記事を保存

三菱重工メカトロシステムズは、一般財団法人日本気象協会(JWA)の気象予測データを用いて、太陽光発電設備の発電量を簡易に予測するシステムを開発し、12月から販売を開始する。本システムは、翌日の日の出から日没までの太陽光発電量を割り出して提供するもので、太陽光発電を導入した工場・設備で、計画的な省エネや電力運用、デマンド制御などに活用することができる。同社は、このシステムを活用した提案営業を展開していくとともに、これを用いた予測データの配信サービスや、太陽光発電計測表示システムへの組み込みなどの新たなサービスも開拓していく考えだ。

天候により発電量が変化する太陽光発電システムの発電量予測技術は、同システムの大量導入時代に向けて、蓄電池や火力・揚水などの出力調整可能な既存電源と組み合わせ、電力系統を安定化させる技術として期待されている。今回開発したシステムは、JWAの総合数値気象予測システム(SYNFOS-3D)の日射量予測データを使い、太陽光発電設備の33時間先まで1時間間隔の予測発電量を計算、統計的補正を行うことで、翌日の太陽光発電量を提供する。また、この予測システムは、すべての太陽電池モジュールに適応可能だ。

三菱重工メカトロシステムズは三菱重工業が100%出資し、2009年10月に設立された。水処理・集塵装置や試験検査装置の開発・設計・製造のほか、太陽光発電設備の設置なども手掛け、これら技術の融合・相乗効果を通じて、新製品の開発にも取り組んでいる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.