> > JFEエンジ 上海市にて大型ストーカ式ごみ焼却炉を受注

JFEエンジ 上海市にて大型ストーカ式ごみ焼却炉を受注

記事を保存

JFEエンジニアリングは、上海市にて大型ストーカ式ごみ焼却炉を受注した。施設規模は800t/日(400t/日×2炉)。上海市の都市ごみ処理事業権を持つ上海環境集団が設立した特定目的会社が建設するもので、2012年8月の竣工予定。同社は、基本設計や主要機器の供給のほか、据付時のスーパーバイザー派遣を請け負う。同社の中国向けごみ焼却炉の受注は青島市に続き2件目。同市で建設中のごみ焼却炉でのエンジニアリング能力と、トップレベルのダイオキシンや窒素酸化物(NOx)低減技術が評価されての受注となった。

中国では、生活ごみの処理は埋立てが中心だが、周辺環境の汚染や最終処分場の逼迫が社会問題となっている。このため、中国政府は、来年からの第12次5ヵ年計画で、毎年20ヵ所以上のごみ焼却炉を建設するなど、環境産業全体で総額40兆円の投資を行い、焼却処理による無害化・減容化を推進することを決定している。

同社は、9月には中国河南省で、レストランの食品廃棄物を処理するバイオガス発電システムを初受注した。今後拡大が見込まれる中国の都市ごみ処理の市場において、ごみ焼却炉やバイオガス発電システム、リサイクルシステムなど、さまざまな都市環境プラントを提案し、拡販を図っていく考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.