> > 三菱自動車シンガポールでの電気自動車普及のため「i-MiEV」を提供

三菱自動車シンガポールでの電気自動車普及のため「i-MiEV」を提供

記事を保存

シンガポール経済開発庁のレオ・イップ長官【左】三菱自動車の益子修社長【右】三菱自動車は、シンガポールにおける同社の販売会社CCA(Cycle&CarriageAutomotivePTELimited.)とともに、シンガポール政府と電気自動車(EV)普及のための活動に協力する内容の協定を締結した。今回の活動は、シンガポールの経済開発庁が中心となり、同国のエネルギー市場監督庁、陸上交通庁との間でEVタスクフォースを作り、ユーザー向け補助金制度や充電インフラ整備などの検証を行うもの。三菱はCCAを通じ2011年より順次「i-MiEV(アイ・ミーブ)」25台を供給し、実証走行試験に協力する。

三菱は日本に続き、海外では香港、オーストラリアで「i-MiEV」を販売している。また、モナコ政府、アイスランド政府、デンマーク政府等、各国政府が中心となって行うEV普及促進に向けた取り組みにも協力している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.