> > トステム住研地中熱利用エアコンを開発し先行モニター販売を開始

トステム住研地中熱利用エアコンを開発し先行モニター販売を開始

記事を保存

トステム住宅研究所フィアスホームカンパニーは、トステム、日本地下水開発と共同で、住宅用地中熱空調システム(地中熱エアコン)を開発し、同システムを搭載した新・地中熱住宅を11月22日より先行モニター販売を開始する。同住宅は、一般住宅に比べて冷暖房費が1/4、CO2排出量が1/3と環境や家計に優しいのが特長。先行モニターのモデルプラン建物本体参考価格は税込2665万円、販売棟数は限定30棟。

地中熱エアコンは、ヒートポンプに地中熱利用で一般的な温冷水出力型ではなく、冷媒出力型を採用しており、温冷水出力型の弱点であった急速冷暖房が可能。電気代を一般エアコンの1/4に抑えられるうえ、無尽蔵の自然エネルギーを活用することにより常に高効率。一般エアコンの弱点である気温5℃以下で暖房時の効率低下がないことなどが特長。

新・地中熱住宅は、「ルーチェ」で採用している、オリジナル断熱材一体型パネル「eパネル」による高気密・高断熱技術、自然エネルギーを活用した技術、太陽光発電システムをベースに、家に付随する空調システム(エアコン)に地中熱を利用している。また、ルーチェは、省エネ住宅日本一の称号でもあるハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009の大賞受賞商品であり、その際に高く評価された“少”エネ技術を受け継いでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.