> > ホンダ 米国で次世代プラグインハイブリッド車の展示モデルを発表

ホンダ 米国で次世代プラグインハイブリッド車の展示モデルを発表

記事を保存

ホンダ 次世代プラグインハイブリッドホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、「2010年ロスアンゼルスオートショー」で、次世代プラグインハイブリッドの技術展示モデルを発表した。同モデルは、専用開発した高効率で低燃費な2.0Li-VTECエンジンと2つの高出力モーターを組み合わせ、EV(モーター)走行、ハイブリッド走行、エンジン走行の3つのモードで走行できるうえ、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、EV走行で最大10~15マイルの航続距離を実現したのが特長。同社は同システムを搭載した中型クラスの車両による実証実験を2010年内に日米で開始し、2012年の発売を目指す。

なお、バッテリーは6kWhリチウムイオンバッテリー。最大航続走行距離はLA-4モードで500マイル(800km)以上。EV最高速度は時速62マイル(100km弱)。充電時間は110Vが2~2.5時間以下、220Vが1~1.5時間以下。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.