> > トヨタ テスラと共同開発の電気自動車コンセプトモデルRAV4EVを発表

トヨタ テスラと共同開発の電気自動車コンセプトモデルRAV4EVを発表

記事を保存

トヨタ 電気自動車(EV)のコンセプトモデル「RAV4EV」トヨタ自動車は、11月17日(現地時間)に米国ロサンゼルスで始まった2010年ロサンゼルスオートショーに、電気自動車ベンチャーの米テスラモーターズと共同開発を行っている電気自動車(EV)のコンセプトモデル「RAV4EV」を出展した。「RAV4EV」は、トヨタのSUV(多目的スポーツ車)であるRAV4のボディをベースに、テスラのEVシステムを搭載。実走行環境で100マイル(約160km)程度のEV航続距離を目指している。2012年の米国での市販化に向けて、車両の開発を加速させていく考えだ。

トヨタとテスラは、5月にEVとその部品の開発をはじめ、生産システムや生産技術について業務提携することで基本合意。トヨタはテスラに総額5000万ドル(約45億円)を出資することを発表した。トヨタは、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売し、これまでに累計で200万台以上を販売。また、1996年にニッケル水素電池を市販車として世界で初めて搭載した初代「RAV4EV」を発売し、2003年までに約1900台を販売している。また、トヨタは、18日、今後の環境技術への取り組み計画を公表。EVについては、日米欧と中国において、2011年から市場導入に向けた走行実験を実施する予定で、2012年に米国市場のほか、日本・欧州にもiQベースのEVを導入する計画を示した。当初の販売目標として年間数千台規模を掲げる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.