> > 富士経済 太陽電池や二次電池製造装置などの世界市場を調査

富士経済 太陽電池や二次電池製造装置などの世界市場を調査

記事を保存

富士経済は、主要エネルギーデバイスの製造設備・装置の世界市場の調査結果を発表した。報告書では、対象とされた主要エネルギーデバイスの新規設備投資額と製造装置市場は、2010年にそれぞれ、前年比58%増の1兆6780億円、同44%増の5431億円を見込み、2015年には新規設備投資額が2兆9370億円、製造装置市場が1兆4529億円と今後の市場拡大を予測している。

二次電池製造装置は、2010年見込みが1199億円、2015年予想が2009年比197.4%の1733億円。電気自動車(EV)の本格的な販売が進められていることから、特に日本、韓国、米国、中国で車載用リチウムイオン電池の生産体制が強化されている。携帯電話やPC、電動工具用など、車載用以外のリチウムイオン電池市場は拡大しているものの、設備投資は車載用と比較すると消極的だ。

リチウムイオン電池製造装置の2009年の市場は407億円だったが、2010年にはEVの販売が本格化したことから需要が急増し、前年比80%増の731億円が見込まれている。その後、一時的に設備投資は落ち着くが、EVの新車種発売やハイブリッド車への搭載も進むと見られるため、2013~2015年頃より積極的な生産設備の増強が行われると予想される。2015年には、同市場は804億円に拡大する見込みだ。

太陽電池製造装置は、2010年見込みが4191億円、2015年予測が2009年比440.7%の1兆2550億円。結晶シリコン型太陽電池は、スペインで補助制度が打ち切られたことにより2009年初頭の需要が落ち込んだが、シリコン価格下落による低価格化やドイツと米国の需要拡大によって、通年では大幅な落ち込みがなかった。シリコン価格は上昇傾向にあるが、今後も需要は堅調に伸びると予想され、積極的な投資が行われている。薄膜シリコン型太陽電池は、結晶シリコン型太陽電池ほどではないものの設備能力の増強が進むと見られる。化合物(CIS)型太陽電池は2010年以降生産性が向上し、市場への供給及び設備投資の急激な拡大が予測される。

このうち、結晶シリコン型太陽電池製造装置の2009年の市場は2100億円、2010年は前年比37%増の2874億円が見込まれる。結晶シリコン型太陽電池の製造方法や販売網が確立していることや、シリコンの価格低下で薄膜シリコン型太陽電池のメリットが希薄になっていることもあり、今後も市場は順調に拡大すると予測される。2015年には7578億円の見込み。

燃料電池製造装置は、2010年見込みが41億円、2015年予測が2009年比600%の246億円の予測。固体高分子形燃料電池(PEFC)が先行して市販されており、燃料電池車(FCV)用の商用化も計画されていることから、デバイス市場と共に製造装置市場の拡大が期待される。SOFCは家庭用、業務用、産業用とも現在実証研究が行われている。家庭用SOFCは2011年以降に市販化の動きがあるものの、当面生産台数が限られるため設備投資も限定的と見られる。ただし、開発中の市販機種は発電効率に優れ、PEFCより低価格での販売が予想されるため、デバイス市場が大きく拡大する可能性がある。

PEFC製造装置の2009年の市場は41億円で、2010年も横ばいと見込まれる。PEFCは家庭用燃料電池「エネファーム」として2009年より市販されている。ENEOSセルテック(JX日鉱日石エネルギーと三洋電機によって設立)が2010年度に年産能力1万台の本社工場を立ち上げたほか、パナソニック東芝燃料電池システムも同様に量産体制を整えており、各社とも2015年までに徐々に生産能力を拡大させる方向にある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.