> > 太陽光発電協会 2010年度上半期の太陽電池出荷量は産業用が大幅に伸長

太陽光発電協会 2010年度上半期の太陽電池出荷量は産業用が大幅に伸長

記事を保存

太陽光発電協会は、2010年度上半期(4~9月)の国内における太陽電池セル・モジュールの出荷統計を発表した。

総出荷は前年同期比180%の1228047kWで、うち国内出荷は同213%の467941kW、輸出は同164%の760106kWだった。用途別の出荷量(国内)では、住宅用が前年同期比191%の393082kWに対して、公的施設や産業・事業用が同623%の72640kWと大幅に拡大。小中学校への太陽光発電システム設置を促進する「スクール・ニューディール政策」により、公共・産業用の出荷量が伸び、国内出荷量における割合は、前年同期の5.3%から15.5%へと拡大した。

2010年度第2四半期(7~9月)でみると、太陽電池セル・モジュールの出荷量は国内出荷と輸出ともに過去最高になった。総出荷は前年同期比170%の674330kWで、うち国内出荷(構成比40.1%)は同198%の270113kW、輸出(構成比59.9%)は同155%の404217kWだった。用途別では、住宅用が前年同期比166%の214073kWで、公的・産業用が同832%の54867kWであった。輸出の内訳は、欧州向けが最も多く、前年同期比163%の277879kW、米国向けは同120%の86101kW、その他が同219%の40237kWだった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.