> > NEC EVの広域での充電インフラとしてクラウド型充電システムを開発

NEC EVの広域での充電インフラとしてクラウド型充電システムを開発

記事を保存

NECは、電気自動車(EV)の広域での充電インフラ整備を実現するために、EV用急速充電器とクラウドサービスを統合した「クラウド型充電システム」を開発した。本システムは、利用者に対しては多様な認証課金サービスを、充電インフラを運用する事業者に対しては効率的な運用保守を提供することができる。また、急速充電器の最大使用電力を制御する機能も備える。

詳しい特長は以下の通り。多様な認証課金サービスでは、急速充電器にFeliCaマルチサービスリーダライタシステムを搭載。NECが提供するクラウド型の電子マネー基盤を活用し、利用者は様々な電子マネーで決済を行うことができる。また、事業者は料金メニューの設定をクラウドと連携して行うことも可能。効率的な運用保守では、急速充電器の運用保守機能をクラウドと連携することにより、事業者は操作状況や障害情報を収集・管理し、充電器のソフトウェア更新なども行うことができる。これらの機能により、利用者の操作支援や障害対応、急速充電器の機能拡張などを、コールセンターやサポートセンターから遠隔で行えるため、様々な環境へ充電器を導入しやすくなる。

急速充電器の使用電力の制御では、クラウドなどから柔軟に制御する機能を搭載。これにより、各店舗の電力管理システムと連携して、契約電力を超えない範囲内で充電器を運用するなど、電力の需給の最適化するスマートグリッド(次世代送電網)時代に向けた適切なエネルギー制御ができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.