> > 東芝 自社内に、スマートグリッドと太陽光発電の実証実験設備を新設

東芝 自社内に、スマートグリッドと太陽光発電の実証実験設備を新設

記事を保存

東芝は、開発拠点である府中事業所(東京都府中市)に、低炭素型の都市づくりを目指す「スマートコミュニティ事業」関連のスマートグリッド研究棟と太陽光発電研究棟を新設する。

途上国における都市開発や地球温暖化防止に向けた環境意識の高まりを受け、街全体の電気、水、ガス、交通等の社会インフラの最適化を目的に、多くのスマートコミュニティの実証実験や商用プロジェクトが国内外で予定されている。同社は、自社内に関連の実証試験設備を整備することで、信頼性の高い技術の研究開発を加速させる。

「スマートグリッド研究棟」には、電力系統から需要家までのスマートグリッドの各システムと模擬装置を配置し、これらを連携させることで、総合的に評価を行う「統合型スマートグリッド評価システム」を実現した。これにより、安定的な電力供給の維持と電力の効率的な運用を図る。本研究棟は11月4日に竣工し、12月上旬から実証研究を始める。

統合型スマートグリッド評価システムは、グリッド内での電力変動を吸収して外部系統への影響を監視・制御するマイクログリッド監視制御装置(μEMS)とビル・エネルギー管理システム(BEMS)、家庭エネルギー管理システム(HEMS)を、スマートメーターを通じて連携させ、電力システム全体の協調運転の評価を行うことができる。また、μEMSやスマートメータから送信される情報を収集・分析して、電気料金の設定や需要家の効率的なエネルギー利用を支援するメータデータ管理システム(MDMS)などの要素を備える。需要家側の設備では、発電設備として太陽光発電システムと小型風力発電システムを配備し、液晶テレビやLED照明、エコキュートなどの家電製品を設置した一般家庭の環境を構築した。

「太陽光発電研究棟」には、単結晶、多結晶、薄膜など様々な種類の太陽電池パネル約420kW分を設置し、パワーコンディショナ、リチウムイオン二次電池「SCiB」などを組み合わせた太陽光発電システムを事務所の屋上に設置した。12月上旬から本システムを用いた実証実験を開始する。また、今回、同研究棟横に、電気自動車(EV)の急速充電器の国際標準化に向け、「CHAdeMO(チャデモ)規格」に対応したEVの急速充電スタンドを設置した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.