東芝 自社内に、スマートグリッドと太陽光発電の実証実験設備を新設

  • 印刷
  • 共有

東芝は、開発拠点である府中事業所(東京都府中市)に、低炭素型の都市づくりを目指す「スマートコミュニティ事業」関連のスマートグリッド研究棟と太陽光発電研究棟を新設する。

途上国における都市開発や地球温暖化防止に向けた環境意識の高まりを受け、街全体の電気、水、ガス、交通等の社会インフラの最適化を目的に、多くのスマートコミュニティの実証実験や商用プロジェクトが国内外で予定されている。同社は、自社内に関連の実証試験設備を整備することで、信頼性の高い技術の研究開発を加速させる。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事