> > GfK エコポイントの駆け込み需要で、対象製品の販売数が急増

GfK エコポイントの駆け込み需要で、対象製品の販売数が急増

記事を保存

ジーエフケーマーケティングサービスジャパンは、全国の家電量販店におけるエコポイント制度対象3品目(薄型TV、エアコン、冷蔵庫)の販売動向と今後の見通しを発表した。

家電エコポイント制度については、10月8日、12月から付与するポイントを半減し、1月からは買い換えのみを対象とすることが発表された。以降、対象3品目の販売が急伸し、10月25日週の販売数量は、前年同期比で薄型TVは306.4%増、エアコンは206.0%増、冷蔵庫は50.3%増となった。対象3品目の需要は、11月末にピークを迎えた後、エコポイント終了の3月に向けて段階的に弱まると予測する。また、エコポイント付与点数の高い薄型TVの販売が急伸。2011年以降の販売の前倒しもあり、2010年の年間販売台数は2009年から600万台以上増加し、2000万台を上回る見通し。エアコンや冷蔵庫は、薄型TVと比較すると付与ポイントが少ないため効果も限定的で、テレビのように買い替えの必須要因はないが、エコポイント制度変更による影響が大きく出る結果となった。

薄型TVに付与されるエコポイントは対象3品目の中で最も高く、付与ポイント半減による影響も大きいため、急激な駆け込み需要が発生しているとみられる。制度変更が発表された10月4日週の前年同期比162.5%増から、直近の10月25日週まで最大の伸びを記録した。月次でも、対象商品の見直しなどにより駆け込み需要が発生した3月の販売を上回った。

エアコン市場は猛暑の影響もあり、8月30日週の数量前年同期比235.7%増など、7月、8月に高い成長率を記録した。暑さが落ち着くと成長率は鈍化したが、制度変更発表後の10月4日週には盛り返し、同127.0%増を記録、以降右肩上がりに伸長。10月25日週は同206.0%増と前年の約3倍となった。2010年のエアコン市場は対前年50%増まで達する見通し。

冷蔵庫も8月30日週の数量前年同期比51.6%増をピークにプラス成長を維持。制度変更の発表後は、特に付与ポイントが最大となる501L以上の伸びが大きく、10月25日週は同101.3%増と昨年の2倍に達した。2010年の冷蔵庫市場は数量前年比15%増となる見込み。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.