> > 小糸製作所 LEDを使用した緊急車両用散光式警光灯を発売

小糸製作所 LEDを使用した緊急車両用散光式警光灯を発売

記事を保存

自動車用照明器メーカーの小糸製作所は、10月28日より、光源に高輝度LEDを使用した緊急車両用「LED散光式警光灯(型式V型)」の発売を開始した。

散光式警光灯とは、消防車など緊急車両の上部に設置され、緊急時等に回転しながら光を放つ警告灯のことで、遠方から近傍までムラなく光を照射するとともに、高い被視認性が必要とされる。本製品は、点滅ユニット6灯と回転ユニット2灯を最適に配置し、被視認性を大幅に向上。また、世界で初めてLEDヘッドランプの実用化に成功した独自の光学・電流制御技術を活用し、LEDの明るさを維持しながら、電球のような「やわらかな光」を実現した。

さらに、省電力、長寿命というLEDの特長を生かし、ハロゲン電球仕様と比べて、消費電力は約90%削減、寿命は2万時間と約70倍、重量は10.6kgで約20%削減した(同社比)。照明器具とLEDのカラーは赤。希望小売価格(税別)は19万5000円。今後、緊急車両向けとして拡販し、年間1500台以上の販売を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.