> > 岩崎電気 LEDと同等の長寿命を実現したHIDランプを発売

岩崎電気 LEDと同等の長寿命を実現したHIDランプを発売

記事を保存

岩崎電気は、セラミックメタルハライドランプ「ツインセラルクス™」を10月29日より発売する。同製品は、効率・演色性の高いセラミック発光管を1つのランプに2本搭載することで、LEDと同等の定格寿命40000時間を達成し、長寿命化を実現したのが特長だ。価格(税別)は、ツインセラルクス本体が27400円、専用安定器が19900円。

近年、LED市場は急速に拡大し、屋内高天井や屋外照明でも実用的な高照度のLED照明が発売されている。しかし、これらのLED照明は器具一体形のものが大半で、HIDランプに比べ高額になる場合が多いほか、既設照明設備全体の改修が必要になり、初期投資額が大きくなることが欠点となっている。こういった背景から、既存の照明器具がそのまま使用できる、長寿命な省エネルギー照明が求められていた。

「ツインセラルクス™」は、既存施設のランプと安定器の交換のみで、器具をそのまま使用できるため、初期投資額を小さく抑えることができる。公園・街路用照明などで多数使用されている水銀ランプ300Wと比較すると、定格寿命が約3.3倍の40000時間、ランプ効率が約2倍の105lm/Wで、消費電力とCO2排出量を約41%削減できる。

セラミックメタルハライドランプは、水銀とハロゲン化金属を材料にし、放電によって発光させる、高輝度・省エネ・長寿命のランプ。発光管の素材として、浸食されにくいセラミックを使用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.