> > 三菱化学など 太陽光発電を利用したトラック冷房システムを開発

三菱化学など 太陽光発電を利用したトラック冷房システムを開発

記事を保存

三菱化学、自動車用品メーカーのアイ・シー・エル、日本フルハーフは、3社共同で、太陽光発電を利用したトラック用の冷房システム「i-Coolソーラー」を開発したと発表した。本システムは、トラックの停車中、エンジンを止めた状態でも室内の冷房ができるアイドリングストップクーラー。エンジン停止時の運転手の快適な労働環境を確保することで、アイドリングストップを促進し、燃費やCO2の削減、騒音の低減に貢献する。

本システムは、車載バッテリーで電動コンプレッサーを稼働させる、アイ・シー・エルのトラック用クーラー「i-Cool」と太陽光発電を組み合わせた。太陽光発電は、三菱化学の太陽電池パネルを日本フルハーフの専用架台でトラック荷台上面に搭載した。三菱化学は、軽量でフレキシブルという特徴を持つ有機太陽電池の開発に注力しており、その用途として、太陽光発電によるトラック冷房システムを発案し、昨年8月~11月まで2台の試作車による実証実験を行ってきた。今後3社は、実証実験と必要な仕様改善を行い、2012年春をめどに「i-Coolソーラー」の発売を開始する予定。

10tトラックで「i-Coolソーラー」を使用した場合、停車時はアイドリングストップにより1時間あたり約1.8Lの軽油を、また、走行中は、既設エアコンによる冷房との併用により約1%の軽油を削減できるという。年間でみると、1台あたり軽油を約1500L、CO2排出量を約3300kg削減できると試算している。

「i-Cool」は、アイ・シー・エルが5月より発売している製品で、走行中に車載バッテリーに充電を行う。満充電のバッテリーでは、夏季昼間に5~7時間連続して冷房が可能。太陽光発電を利用することにより、バッテリーを常時満充電に近い状態に維持し、ウィング開閉やテールゲート昇降など、バッテリー電力による荷役装置の稼動を安定的に行えるようにした。また、バッテリーの過放電の低減によりバッテリーを長寿命化できるという。

アイ・シー・エルはいすゞ自動車グループで、自動車用品の開発・販売を行っている。日本フルハーフは、各種コンテナ等の製造・販売を手がける。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.