> > 清水建設 スマートグリッド対応の環境オフィスでCO2排出量60%削減

清水建設 スマートグリッド対応の環境オフィスでCO2排出量60%削減

記事を保存

清水建設は、スマートグリッド(次世代送電網)対応の制御技術を活用し、一般的なオフィスに比べてCO2排出量を60%削減した「次世代型超環境オフィス」を、技術研究所本館内に完成させた。

同オフィスは、マイクログリッドや消費電力の制御(デマンドレスポンス、以下DR)、照明・空調の個人ベースでの制御を行うことで、オフィス内の各個人・場所に対して、必要な時に必要なエネルギーを供給することができるのが特徴だ。建物レベルでのDRと、照明・空調制御のための個人認証範囲を個人スペースの大きさ(約3m2)で実践するのは、世界的にも最先端の試みだという。

その基盤となっているのは、太陽光発電と蓄電池を組み込んだマイクログリッド(分散型電源を持つビルや敷地内の送電網)の制御機能と、電力需要者(設備機器)の制御機能を一体化させたエネルギー制御システム「シミズ・スマートBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)」。具体的には、オフィス内では必要最低限のレベルに消費電力が制御されるとともに、必要最小限の空間に個人最適の光・温度環境が提供される。

また、消費電力の制御(DR)によって、ピーク時の消費電力の削減と平準化を行う。DRの手順として、まず、天候等を考慮しながら翌日の電力需要を予測し、蓄熱・蓄電計画を立案、設備機器の運転計画を修正する。それをもとに、当日は契約電力の削減目標内に電力需要が納まるように、蓄熱・蓄電を活用するほか、設備機器の稼働量をリアルタイムに制御する。これらのDRにより、ピーク時の消費電力を最大20%程度カットする。また、オフィスでは、光・温度環境の制御区画を「ゾーンから個人」にし、個人認証センサーが個人の所在位置をリアルタイムに認識すると、その場所に対応した天井のLED照明と足元の個別空調を制御する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.