> > ユーグレナ 火力発電所の排出ガスでミドリムシを培養してCO2削減

ユーグレナ 火力発電所の排出ガスでミドリムシを培養してCO2削減

記事を保存

ユーグレナ(東京都文京区)と住友共同電力(愛媛県新居浜市)は、住友共同電力壬生川火力発電所(愛媛県西条市)の排出ガスを用いて微細藻「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」を培養する実証実験及び共同研究を開始すると発表した。

ユーグレナは東京大学発のベンチャーで、ミドリムシについて研究し、CO2排出削減やバイオ燃料として活用するための技術開発に取り組む。今回の共同研究では、ミドリムシが優れた光合成能力を持ち、15~20%の高濃度のCO2中でも光合成を行い生育することができるという特徴に着目。15%前後のCO2が含まれている火力発電所の排ガスでミドリムシを培養し、CO2排出削減につなげる。本実証実験では、住友共同電力の壬生川火力発電所に小規模培養槽を設置し、排出ガスを通気したミドリムシのCO2固定化能力の評価を行い、培養したミドリムシの分析と商業利用可能性の検討を実施する。

ユーグレナは、2009年1月に日本で初めて、火力発電所の排ガスでのミドリムシの培養に成功している。その実験結果から、火力発電所の排出ガスを通気してもユーグレナは生育可能であることや、高濃度のCO2を通気することでユーグレナ以外の他の生物の増殖が抑えられること等を確認している。

地球温暖化の原因の一つと言われているCO2の削減方法として、植物や藻類などが行う光合成によりCO2を有機物として固定し、そのバイオマスを燃料などに利用する研究が進められている。中でも単細胞性の微細藻類は高等植物に比べて高いCO2吸収能力を持ち、食糧と競合せず、化石燃料に依存しない循環型社会を構築することができるため、実用化への期待が高まっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.