> > NTTドコモなど スマートグリッドの通信規格策定に向けた実証実験を開始

NTTドコモなど スマートグリッドの通信規格策定に向けた実証実験を開始

記事を保存

NTTドコモ、NEC、積水ハウス、バンダイナムコゲームスなどが参画する「スマート・ネットワークプロジェクト」は、スマートグリッド(次世代送電網)や電気自動車(EV)を支えるサービス基盤で利用する通信規格について検討するため、実証実験を実施する。本プロジェクトは、総務省の「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」として採択されたもので、低炭素社会の実現に向けて通信規格の策定と検証を目的としている。実証実験は、横浜みなとみらい21地区にフィールドを構築し、今年11月から来年3月まで各社が共同で行う。実証実験フィールドは11月4日に完成予定。国際標準化を推進するため、11月に横浜市で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)主要会議に合わせて、APEC会議参加者および報道関係者向けに公開する。また、APEC終了後は一般公開を行う予定だ。

本プロジェクトは、通信規格の標準化を目指す2つのグループから構成されている。ひとつは屋内の「住宅/EVネットワーク」グループ、もうひとつは、街中でのEVの活用を支える「EVサポートネットワーク」グループ。各グループで通信規格の検討を行い、実証実験はプロジェクト全体で連携して実施する。本検討の成果は、経済産業省と連携し、日本全体での規格策定に向けた議論に活かしていく考えだ。

実証実験フィールドとして、延床面積266.28m2の2階建の環境配慮型住宅を建設し、瓦一体型太陽光発電システムやEV、オール電化設備、LED照明を導入する。各グループの実証実験の内容は以下の通り。

「住宅/EVネットワーク」グループでは、半径数十メートルのエリアを対象とする超小型基地局「フェムトセル基地局」と、住宅内の家電機器とネットワークを連携させて、最適制御を図る「ホームICT」を一体化して活用することで、太陽光発電システムやEV、家電を有機的に結びつけ最適化を図る実験、住宅の点検・改修時の履歴情報等を蓄積して一元管理する「家歴システム」により、住宅の快適性と長寿命化を図る実験を行う。「EVサポートネットワーク」グループでは、充電スタンドや共用型EVの運用を管理するための通信規格を策定・評価する実験を行う。

本プロジェクトには、4社のほかに、日産自動車や三菱電機、野村総合研究所など8社が参加している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.