> > フジタほか国内初自動車排出ガス中VOCを除去する光触媒舗装技術を開発

フジタほか国内初自動車排出ガス中VOCを除去する光触媒舗装技術を開発

記事を保存

フジタ、太平洋セメント、フジタ道路は、自動車排気ガス中の揮発性有機化合物(VOC)を吸着・分解する機能を持ち、同時に窒素酸化物(NOx)の処理能力を50%向上させた「フォトロード工法クリーンOx(オキシダント)」を産業技術総合研究所との共同研究成果を活用して開発した。同工法は、自動車が排出するVOCの約20%を除去、NOxは標準型の1.5倍、一車線当たり約12000台/日分を処理することができる。

同工法では、フジタ、フジタ道路、太平洋セメント、石原産業が共同開発した標準型フォトロード工法に用いる光触媒(二酸化チタン)を含むコーティング材に、吸着材を添加したものを道路表面に吹き付ける。これにより、従来困難とされてきた自動車による道路沿道のVOCを舗装表面で処理することが国内で初めて可能となった。

同工法の特長としては、まず、自動車排気ガスの排出源近くで拡散する前に処理できるため、処理効果が大きく、大気浄化性能に優れている点が挙げられる。また、太陽光や雨水により大気を浄化するためランニングコストがかからず、特別な管理やメンテナンスも不要だ。

近年、全国で測定される光化学オキシダント(Ox)の濃度は1%/年の割合で増加している。しかし、国内のNOxとVOCの大気中の濃度は発生源規制等によって年々減っていることから、大陸からの影響も指摘されている。一方で、大都市の道路沿道は、交通量の集中などでVOC高濃度地域が拡大している。今後、各社は、都市部の道路や民間施設内の外構道路等への適用を目指し、国や自治体をはじめ、大型の工場・物流施設・商業施設等への本工法の提案を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.