丸紅米国でグーグル社などと共同で大規模海底送電線事業開発へ

  • 印刷
  • 共有

丸紅は、米国のグーグル社、スイスのグッド・エナジーズ・インベストメント社、米国のアトランティック・グリッド・ディベロップメント社と共同で、米国中部大西洋岸地域における大規模海底送電線の開発業務を推進することに合意、10月7日に共同出資・開発契約を締結した。送電線開発・建設は5つのセグメントに分けて順次推進し、約1500MWの送電容量を持つ第1セグメントの開発を今後2年にわたり行い、2013年中の建設着工、2016年中の操業開始を目指す。

同事業は、ニュージャージー州、デラウェア州、メリーランド州、バージニア州の中部大西洋岸4州の沿岸に建設が予定されている洋上風力電源と同州内陸電力系統を接続するもので、将来的には約6000MW相当の洋上風力電源を接続する見通しだ。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事