> > 川崎重工 稲わらを原料としたバイオエタノールの製造に成功

川崎重工 稲わらを原料としたバイオエタノールの製造に成功

記事を保存

川崎重工は、稲わらを原料とし、「熱水式バイオエタノール製造技術」を用いて、自動車燃料として使用可能なバイオエタノールの製造に成功した。熱水式バイオエタノール製造技術は同社の新技術で、稲わらの糖化工程で採用されている。従来用いられている硫酸や酵素を使用せず、熱水で糖化処理を行うのが特長。硫酸の回収設備や耐酸性容器等を必要とせず、現状ではコストが高い酵素を使用しないため、製造コストを低減できると見込んでいる。2012年度まで実証試験を継続し、商用化に向けて1Lあたり40円以下の製造コストが実現できるシステムの確立を目指す。

同社は、2009年11月に、秋田県潟上市に日産200Lの生産能力を持つ製造実証プラントを設計・建設し、バイオエタノールの製造に取り組んできた。今回、大潟村ソーラースポーツラインにおいて、同プラントで製造したバイオエタノールを使用して走行実証試験を行い、自動車の安定走行と同エタノールが自動車燃料としての基準を満たしていることを確認した。

同事業は、農林水産省が実施する「ソフトセルロース利活用技術確立事業」の一環。非食用・未利用資源である稲わらなどのソフトセルロースから、バイオ燃料を製造することを目的としている。川崎重工は、秋田県農業公社とともに、2009年1月から同事業を実施。川崎重工はバイオエタノールの製造・走行実証を、秋田県農業公社は原料の収集運搬実証を担当している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.