> > NHK i-MiEVを改造し、日本初のオール電化型中継車を開発

NHK i-MiEVを改造し、日本初のオール電化型中継車を開発

記事を保存

NHKは、京成自動車、三菱自動車、富士電機システムズと共同で、日本初となるオール電化型の小型放送中継車を開発した。同製品は、三菱自動車の「i-MiEV」をベースに改造した定員2名の車で、通常の走行用のバッテリーに加え、放送制作用の専用バッテリーも搭載。バッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、連続して約2時間の放送中継ができるうえ、1回の充電で約160km(10・15モード時)の走行が可能だ。

同製品は、走行と放送制作の全てをバッテリー電源で運用するため、排ガスやエンジン音のない、クリーンで静かな中継が可能。特に、深夜早朝の中継に威力を発揮することが期待されている。また、放送制作用のバッテリー電源の消費状況をモニターできる監視装置を新たに開発。放送制作用のバッテリーを使い切っても、走行用バッテリーからの電源供給に停電なく切り替えられるため、安定した中継放送が可能だ。

充電は、走行と放送制作の両方のバッテリーを一本のケーブルで行う。走行用バッテリーは、約30分の急速充電で80%までチャージ可能。さらに、無線中継伝送装置としてFPU(テレビ放送用の地上無線中継伝送装置)や小型衛星伝送装置などの搭載も可能だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.