> > 三井不動産レジデンシャル エネファームを標準装備したエコ住宅を販売

三井不動産レジデンシャル エネファームを標準装備したエコ住宅を販売

記事を保存

ファインコート浜田山三井不動産レジデンシャルは、東京ガスの家庭用燃料電池コージェネシステム「エネファーム」を全戸標準装備した建売分譲住宅「ファインコート浜田山(東京都杉並区)」を販売する。エネファームを建売住宅で標準装備するケースは少なく、同社では初となる。2010年10月に竣工、11月に販売を開始する予定だ。

エネファームは、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、その時に出る排熱を利用してお湯を作るエネルギーシステム。エネルギー利用効率が高く、CO2排出量の大幅な削減が可能だ。また、家庭内消費エネルギーを表示する給湯リモコン「エネルックリモコン」、遮熱性、断熱性の高い「Low-Eペアガラス」を採用しているほか、省エネ法のトップランナー基準相当の設備・仕様なども装備している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.