> > 東洋紡 低コストでリサイクルが容易なエアバッグ用コート布を開発

東洋紡 低コストでリサイクルが容易なエアバッグ用コート布を開発

記事を保存

東洋紡は、エアバッグなどに使用される基布として、これまで使用されてきたシリコーン樹脂ではなく、新たに開発したナイロン樹脂でコーティングしたコート布を開発した。コート材を分離せずにリサイクルが可能なうえ、従来の半分以下のコート量でも同等の性能を保てるため、低コスト化を実現できるという。

同社は、主に運転席や助手席用エアバッグの基布の製造・販売を手掛けてきたが、近年は前面だけでなく、側面からの衝突に備えたサイドエアバッグやカーテンエアバッグを搭載した車種が増えている。これまで得意としてきた運転席や助手席用のエアバッグ基布に加えて、今回開発したサイドエアバッグなどで使用されるコート布を投入することで、さまざまな車種、部位でのシェア拡大を狙う。

これまでサイドエアバッグなどに使用されていたコート布は、シリコーン樹脂によるコーティングが一般的だった。しかし、リサイクルが難しく、リサイクル時に基布とシリコーン樹脂を分離するにはコストがかかるため、製造工程で発生する端材の多くは産業廃棄物として処分されてきた。

今回開発された手法では、ナイロン66を原糸とする基布に、エアバッグ用に新たに開発したナイロン樹脂をコーティングしており、基布とナイロン樹脂を分離することなくリサイクルが可能になった。また、従来は、コート布の低コスト化のために樹脂のコーティング量を減らすと、難燃性が低下するという課題を抱えていたが、新製品ではこれも克服。東洋紡独自の紡糸技術と、運転席や助手席用エアバッグで培った基布製造技術に、新開発のナイロン樹脂を組み合わせることで、シリコーン樹脂の半分以下のコート量でも難燃性を保持し、通気度においても従来のコート布と同等の性能を維持させることに成功した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.