> > ウエストホールディングス 太陽光発電用自社製パワーコンディショナを発売

ウエストホールディングス 太陽光発電用自社製パワーコンディショナを発売

記事を保存

太陽光発電システムの施工などエコリフォームを手がけるウエストホールディングスは、国内向けに自社開発の住宅用パワーコンディショナを発売する。同製品は台湾のメーカーに委託して製造するもので、最大出力5kW、電力変換効率96%以上。7月に国の補助金の対象となるJET認証を取得した。発売開始は11月の予定。

パワーコンディショナは、太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭で使う交流電力に変換する、太陽光発電システムの基幹装置。住宅用パワーコンディショナの供給は、国内4大メーカーの寡占状況となっており、同社にとって、パワーコンディショナの十分な確保は、太陽光発電事業の拡大に向けての喫緊の課題となっていた。自社製パワーコンディショナの取り扱いにより、住宅用太陽光発電市場において、モジュール、パワーコンディショナ、架台、系統連結のほか、アフターメンテナンスも含めたシステムにまとめあげるシステムインテグレーターとして、事業拡大を図る考えだ。また、自社製品を販売・施工会社へも供給する。

同社製パワーコンディショナの特徴は以下の通り。建物の外壁に取り付ける自然冷却方式で、将来導入が見込まれる太陽光発電全量買取制度の導入時も配線接続の変更に容易に対応できる。また、入力ポートが3ヵ所あり、モジュールの並べ方も柔軟な組み合わせが可能。接続箱が不要のため、システム全体のコストダウンにもつなげることができる。

太陽電池モジュールは、海外メーカーの相次ぐ日本進出により、今年は海外製が国内シェアの21%を占める。同社は、海外メーカーと提携し、発電効率が高く、コストパフォーマンスの高い製品を取り入れて、施工・販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.