トヨタ 住宅やエコカーのエネルギーを統括管理するシステムを開発

  • 印刷
  • 共有

トヨタ自動車は、住宅・エコカー・電力供給事業者とそれを使用する人をつないで、エネルギー消費を統合的にコントロールする独自のシステム「トヨタスマートセンター」を開発した。これにより、住宅と車のエネルギー消費の最適化、CO2排出量と費用負担の低減の両立を実現する。

同システムの特長は、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)、住宅内のエネルギー使用を管理するHEMS(HomeEnergyManagementSystem)を装備した先進のスマートハウスを活用し、住宅内で使用するエネルギーと、電力供給事業者や自然エネルギー由来の電力により供給されるエネルギーをあわせて、需要・供給全般を管理・調整する点だ。具体的には、車両から送信されるバッテリー残量やHEMSから送信される住宅内の電力消費等の情報、気象予測データや電力供給事業者の時間帯別料金情報をあわせて総合的に判断し、生活圏全体におけるCO2排出量と居住者の費用負担を最小化するように、車両の充電や住宅内の電力消費を調整する。さらに、居住者は、スマートフォンを活用することで外出先からでも情報把握とエネルギーの使用量の調整ができる。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事