> > トヨタ 住宅やエコカーのエネルギーを統括管理するシステムを開発

トヨタ 住宅やエコカーのエネルギーを統括管理するシステムを開発

記事を保存

トヨタ自動車は、住宅・エコカー・電力供給事業者とそれを使用する人をつないで、エネルギー消費を統合的にコントロールする独自のシステム「トヨタスマートセンター」を開発した。これにより、住宅と車のエネルギー消費の最適化、CO2排出量と費用負担の低減の両立を実現する。

同システムの特長は、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)、住宅内のエネルギー使用を管理するHEMS(HomeEnergyManagementSystem)を装備した先進のスマートハウスを活用し、住宅内で使用するエネルギーと、電力供給事業者や自然エネルギー由来の電力により供給されるエネルギーをあわせて、需要・供給全般を管理・調整する点だ。具体的には、車両から送信されるバッテリー残量やHEMSから送信される住宅内の電力消費等の情報、気象予測データや電力供給事業者の時間帯別料金情報をあわせて総合的に判断し、生活圏全体におけるCO2排出量と居住者の費用負担を最小化するように、車両の充電や住宅内の電力消費を調整する。さらに、居住者は、スマートフォンを活用することで外出先からでも情報把握とエネルギーの使用量の調整ができる。

なお、同社は、9月16日より「六ヶ所村スマートグリッド実証実験」で、トヨタホーム2棟とPHV8台に対して同システムを実験的に稼動させており、約2年間にわたる実証実験を通じて、システムのさらなる進化に取り組む。また、2012年初めまでに市販を予定しているPHV、さらに一部のトヨタホームにおいても、同システムによるサービスを提供したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.