伊藤忠・シスコシステムズ エネルギー管理サービス(EMS)事業を展開

  • 印刷
  • 共有

伊藤忠商事は、シスコシステムズ(シスコ)と、ITを活用したエネルギー管理サービス(EMS)事業を共同展開する。EMSは、工場やオフィスビル、店舗のエネルギー使用量を一括で把握し、エネルギーの管理・低減を図るサービス。両社の強みをいかし、伊藤忠の「ecoFORTE」、及びシスコの技術を実装したソリューション「ecoFORTE-CRE」の開発・販売促進を共同で行う。これにより、ビル全体から個々のIT機器に至るまで、広範囲におけるEMSの提供を実現し、企業の省コスト・省エネルギーに対するニーズに応えていきたい考えだ。

伊藤忠では、行政への届出書類の作成やエネルギー管理ができるクラウド型省エネ支援サービス「ecoFORTE(エコフォルテ)」を開発し、2009年10月より、大規模オフィスビルや工場、大学、多店舗展開する小売業などの事業者を対象に全国で販売している。一方、シスコは、ICT(情報通信技術)の活用を通して、不動産・教育・医療・エネルギー・交通・防災防犯等の地域インフラを相互連携させて新しい価値を生み出す「スマートコネクテッドコミュニティ」を提唱している。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事