> > 鹿島 VOC汚染土壌・地下水を浄化する低コストな嫌気バイオ工法を開発

鹿島 VOC汚染土壌・地下水を浄化する低コストな嫌気バイオ工法を開発

記事を保存

鹿島は、VOC(有機塩素化合物)により汚染された土壌や地下水を浄化するオーダーメイド型嫌気バイオ工法「バイオブレンディー工法」を開発した。嫌気バイオ工法は、低コストでVOCを原位置で浄化する方法として注目されている。しかし、汚染濃度や汚染範囲などの状況を把握し、適切な栄養剤を正確に注入する必要があり、高度な管理技術がないと浄化ができないことが課題となっていた。今回開発した工法は、汚染状況に応じて、VOCを分解する微生物を活発化させる適切な栄養剤を作り出し、土壌・地下水浄化を行うもの。従来工法と比べると、工事費全体で約5~20%のコストを削減できるという。

トリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどのVOCによる土壌や地下水の汚染は、国内では土壌・地下水汚染の1/3程度を占める。VOCが不燃性金属洗浄剤やドライクリーニング溶剤として工業用に広く利用されたため、電気や機械、クリーニングなどの工場跡地などで検出されている。これまでのVOCの汚染対策では、井戸を掘って汚染物質を揚水する方法や掘削除去する方法のほか、鉄粉による還元法が用いられているが、高コストであった。また、土壌汚染対策法の改正により、原位置浄化など、汚染土壌を搬出しない対策へのニーズが高まっていた。

嫌気バイオ工法は、酸素のない嫌気状態では、VOCを分解する微生物が、酸素の代わりに汚染物質を栄養源に生物活動を行う仕組みを応用した方法。汚染土壌に、地中の分解微生物の働きを活発化させるための栄養剤を注入して浄化を促進するが、適切な栄養剤を作り出し、汚染場所に正確に栄養剤を注入する工法の選択が難しかった。そこで、今回、ドレッシングなどに使われるエマルジョン油、乳製品、コーヒーから抽出した成分などをベースに、即効型や持続型など汚染状況に応じた最適な栄養剤を作り出すことができる「バイオブレンディー工法」を開発した。また、独自開発したエマルジョン油は、従来にないナノサイズの粒径(平均250~400nm)で、地盤への浸透性に優れるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.