> > 矢野経済 2015年の照明用白色LED市場は09年比11倍と予測

矢野経済 2015年の照明用白色LED市場は09年比11倍と予測

記事を保存

矢野経済研究所は、「固体素子照明デバイス」といわれる照明用の白色LEDと照明用有機EL市場を調査した。同レポートでは、白色LEDは、性能のさらなる向上と、直近のターゲットである液晶テレビバックライト向けを中心とした世界的な生産能力増強を受けて、大幅な価格低下が進むと予測。照明用白色LED市場については、2015年が09年比11倍の6778億円、2020年が同比15倍の9323億円になると予測する。一方、照明用有機EL市場は、先行するLEDの影響を受け、ニッチ市場中心の事業展開が続くとみている。

照明用白色LEDの市場規模は、2009年が前年比153.2%の616億円、2010年が前年比186.9%の1151億円となる見込み。白色LED市場全体は、2009年が3795億円、2010年が5820億円と推計されることから、照明用の比率は2009年が16.2%、2010年が19.8%となる。

照明用白色LEDはこれまでの白熱電球からの置き換えだけでなく、蛍光灯からの置き換えが進みつつある。照明用白色LEDの光束単価(単位光束あたりの価格)は、既存光源に比べて10倍以上高いとされてきたが、数倍~同等価格となり、価格面で高い競争力をつけてきていることが、市場拡大につながっている。現時点では、初期導入コストの回収には数年かかっているが、2015~20年には回収期間も大幅に短縮され、蛍光灯からの置き換えが本格化しているとみている。

一方、2010年の照明用有機EL市場は3億7500万円と予測されている。一部サンプル出荷が始まった段階で、まだ市場は立ちあがっていない。今後市場化が進むが、2020年で500億円と限定的な市場に留まる見込みだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.