NEC 米国で大規模リチウムイオン蓄電システムの実証実験に着手

  • 印刷
  • 共有

NECは、米国電力中央研究所(ElectricPowerResearchInstitute、以下EPRI)とともに、EPRIのテネシー州ノックスビル試験場において、NECのリチウムイオン電池技術を用いた大規模蓄電システムの実証実験に着手する。EPRIとの連携で実験を行うのは、日本メーカーとして初めての試みとなる。EPRIは、米国最大の電力技術に関する研究所で、スマートグリッド化に向けた電力事業をサポートする様々な蓄電システムの評価を行っている。

今回の実証実験では、NECが、まず初期実験用として25kWの蓄電システムを開発し、EPRIに提供。その後、米国の電力会社とEPRIとの共同研究用として、出力1MW以上の大規模リチウムイオン蓄電システムを開発する予定だ。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事