> > 中部電力 碧南火力発電所での木質バイオマス混焼発電を本格運用へ

中部電力 碧南火力発電所での木質バイオマス混焼発電を本格運用へ

記事を保存

中部電力は、碧南火力発電所(愛知県碧南市)での木質バイオマスの混焼発電について、1号機にて9月18日から4日間程度行う試験を経て、本格運用に移行する見込みだ。同社は、昨年5月より、石炭火力発電所において木質バイオマスを混焼させる実証実験を行ってきた。1号機の試験をもって、全号機での実証試験が終了する予定だ。本格運用により、年間20~30万トンのCO2排出量を削減できるとみている。

今回の対象発電設備は、碧南火力発電所1~5号機。石炭を燃料とした設備で、出力合計は410万kW(1~3号機は各70万kW、4~5号機は各100万kW)。年間約30万トンの木質バイオマスを使用し、発電電力量は、年間2~3億kWhになる見込み。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.