> > 東芝ライテック 業界最高効率・明るさのE17口金LED電球を発売

東芝ライテック 業界最高効率・明るさのE17口金LED電球を発売

記事を保存

東芝ライテックは、「E-CORE(イー・コア)」LED電球シリーズとして、E17口金小形電球と同等の大きさ・形状で、業界最高の効率と明るさを実現した「ミニクリプトン形5.4W」をラインナップし、合計4機種を9月24日より順次発売する。同製品は、新放熱設計や回路効率を改善することで、効率と明るさを両立させているのが特長。密閉形器具にも対応しており、LED電球として幅広く活用できる。希望小売価格はいずれも5250円(税込)で、目標販売数は、2010年度で4機種合計100万個。

同製品は、E17口金小形電球からの代替を目的としたLED電球。E17口金の小形電球は、ダウンライトをはじめブラケットやスタンド、シーリングなど、施設・店舗から住宅照明にわたり幅広い用途で使用されている。今回は、使用場所によって選べる2タイプがあり、「明るさ重視タイプ」には「電球色相当(LDA5L-E17)」「昼白色相当(LDA5N-E17)」、「光が広がるタイプ」には「電球色相当(LDA5L-WE17)」「昼白色相当(LDA5N-WE17)」の全4機種がラインナップされている。

「明るさ重視タイプ」は、昼白色相当のLDA5N-E17がランプ効率が102lm/W、全光束が550lmで業界最高を実現している。「光が広がるタイプ」は、LEDモジュールにプリズムレンズを組み合わせることで横方向への光出力をアップし、「明るさ重視タイプ」と比較して約1.6倍としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.